ビル管理資格の種類について

特定の資格取得者がビルの設備監理業務に関しては優遇されて採用される傾向にあります。

 

できるだけ多くの関連資格を取得しているほうがこれからの時代には圧倒的に有利になるものと予想されますので、複数存在するビル管理資格の中からご自身の得意な分野に応じて取得を目指してみることをおすすめします。

 

通称ビル管理士、ビル管理技術者と呼ばれているのは建築物環境衛生管理技術者という国家資格です。この資格を有している場合には特定の建築物で監理業務に携わる際の責任者の立場を負う仕事に従事することができます。

 

具体的には建物についての維持管理や技術指導や工事発注や問題点改善などの幅広い業務を行うことになります。2年以上法律で定められた建築物の用途に該当する場所と業務内容での実務経験があることが受験資格を得るためには必要です。

 

他にはビル設備管理技能士が管理系の資格としてあげられます。ビル設備管理技能士には1級と2級があり、2級では2年以上の実務経験、1級では7年以上の実務経験か2級合格後に2年以上の実務経験が受験資格として必要になります。難易度は建築物環境衛生管理技術者よりも低めですから、ビル設備管理技能士の資格取得を先に目指す方も多くなっています。

 

この他にもビルの監理業務を行う場合に優遇される資格があります。電気系の資格である電気工事士や電気工事施工管理技士や電気主任技術者、消防系の資格である消防設備士や危険物取扱者、熱源系の資格であるボイラー技士などの資格を取得していると有利になります。

 

ビル管理系の資格を取得している人がこれらの資格を取得することができればさらにビル監理業務に従事しやすくなります。これらの資格では初級資格には受験資格が特に設定されていない場合も多いですから、たとえばボイラー技士二級の取得を目指し、さらに一級や特級を目指すということも可能になります。


人気の資格取得サイトおすすめランキング

ユーキャン


スマートフォンでも学べるテキストの各レッスンに対応したWebテスト

 

イラストや図解でわかりやすいテキスト

 

139種類もある講座から自分に合った講座を選べる

 


ユーキャンへの登録・詳細はこちらから


ヒューマンアカデミー


30年の伝統で資格取得をしっかりとサポート

 

自分のスタイルで学べるから忙しくても学びやすい

 

転職・就職サポートも充実

 


ヒューマンアカデミーへの登録・詳細はこちらから


資格の大原


効果的な学習方法で一発合格を目指す

 

公務員、公認会計士、税理士資格取得の定番

 

就職のプロが一人ひとりを徹底指導するから就職に強い

 


資格の大原への登録・詳細はこちらから


ケイコとマナブ


体験レッスンや講座が多数あるから自分に合った講座が選べる

 

インターネットで24時間いつでも予約が可能

 

行きたい時に気軽にサクッと行ける

 


ケイコとマナブへの登録・詳細はこちらから


資格の学校TAC


30年間の信頼と実績の圧倒的な合格実績

 

資格合格に導く独自のTACメソッド

 

DVD、Web、ダウンロード、資料と豊富な通信講座

 


資格の学校TACへの登録・詳細はこちらから



ホーム RSS購読 サイトマップ